高円寺のシェアハウス 上棟

祝上棟!さてさてココから本番です!

▼シートに隠れていますが…。

DSCN1712.jpg


▼地下も型枠が外れてきました。

DSCN3289.jpg


K
スポンサーサイト



高円寺のシェアハウス 地下躯体

寒さにも負けず、職人さんには頭が下がります。
(さすがに雪には負けてましたが…笑)

▼壁の配筋スタート

DSCN3135.jpg

▼大分立ち上がって、電気の配管も。

DSCN3158.jpg
▼上にもコンクリートが入るので、しっかり支保工(支え)を入れています。

DSCN3168.jpg

▼左側は外壁側で杉板模様のコンクリートにするため杉板の型枠、
 右は内側になるツルツルの打ち放し用塗装型枠です。

DSCN3179.jpg

▼上の杉板型枠は現場で一枚一枚貼ってから、立ち上げていくのです

DSCN3187.jpg


K

高円寺のシェアハウス 配筋検査

DSCN1428.jpg


あの…大雪なんですけど…。びちょびちょになりながら配筋検査がんばりました。
あと数回配筋検査あるけど、もう雪は勘弁してください…。

監督さん、朝から雪を溶かしてくれてありがとうございます!

K

高円寺のシェアハウス 底盤

あけましておめでとうございます(半月遅れ…)
本年もよろしくおねがいいたします。

さて、昨年末から現場に入っていた「高円寺のシェアハウス」
いよいよ本格的に工事が始まります。

年が明けて一発目は防水工事→底盤配筋です。

▼側面にある紙のような白い物が防水材です。化学反応でコンクリートと一体化。
 多少の穴は自己修復してしまう優れもの。

DSCN3074.jpg

▼そして底盤の配筋(木造の基礎と違って鉄筋がたくさん入ります)

DSCN3089.jpg

K

続きを読む

高円寺のシェアハウス 根切り

いよいよ始まる、半地下のあるシェアハウスの現場です。
半地下にするのは、いくつか理由がありますが、まずは現場の様子から。

年内は根切り(穴堀り)で終わってしまいましたが、
木造の基礎と違って地下となれば、掘る量が違います!


▼H鋼を地面に打ち込んで…

20151216160259.jpg

▼掘りながら矢板(土を止める板)を入れていきます。

20151216154906.jpg

▼掘り終わるとこのとおり!

DSCN3068.jpg

年末年始のお休みの間、天気が荒れない事を祈るばかり…。

K
Profile

RG design

Author:RG design
一級建築士事務所

New
Category
Archive
Links
RSS