西原の家 1年点検


川崎大師の家に続き、西原の家は1年点検を迎えました。
やはり一年経って、春夏秋冬をひと通り過ぎると、家にコクも出てきますね。

お施主さんと家がだいぶ馴染んできたようで、生活感もだいぶ出てきました。
最近産まれたお子さんも、まだ生後半年なのですが、すでに勝手にひとりきりで床に転がっているほど。
(いや、ホントに"転がってた"んですよ。声はするけどどこに?と思ったら、足元に転がってました)
なかなかワイルドな教育方針ともいえますけど。


特に大きな問題はありませんでしたが、生活を営む上でやや難点のあった照明の3路スイッチを変更。
一カ所だけですが、調光機能の位置を3路の反対側に移設しました。

調光スイッチを多用することが多いので、その配置はいつも悩むところなのですが、
やはりそう簡単に満点はとれませんね。


▼中庭から上下の二世帯をみる

TTY.jpg

次の3年点検ではどんな家になっているかな。楽しみにしてます。

M


スポンサーサイト



Profile

RG design

Author:RG design
一級建築士事務所

New
Category
Archive
Links
RSS